ROTUSショップではオリジナルデザインのグッズを販売中です。

 

ROTUSオリジナル-A
¥2,580
ROTUSオリジナル-B
¥2,580
タイシャツ-A
¥2,960
タイシャツ-B ¥2,960
Shonan-A ¥2,480
Shonan-B ¥2,480
     

 

ロータスデザイン:東京・銀座。動画マーケティングを行うにあたり重視すべきポイントは、「視聴される動画を制作すること」です。ただ単に動画を制作・公開するだけでは、ユーザーの興味関心を引けないどころか、動画マーケティングの効果を十分に得られなくなってしまいます。ロータスデザインではそのため、動画を制作する際は「ユーザー離れを防ぐことのできるクオリティ」にこだわることが大切です。動画のクオリティを高めるためには、以下でご紹介する3つのポイントを考慮することが大切です。ハイクオリティの動画に仕上げるためには、「目的」を明確にすることが大切です。なぜ動画マーケティングを行うのか、動画を通してユーザーにどうなってほしいのか、という点を考慮して制作しましょう。例えば、「商品やサービスの紹介」が目的であれば、利用するユーザーの目線で動画を制作することが大切です。なぜなら、企業目線だと商品やサービスに関する情報を詰め込みすぎて、一方的に良さを伝えるだけの動画になってしまうためです。ただの広告動画と判断されやすくなる他、最後まで視聴されなくなる可能性も高くなるため、「もし自分が利用する立場だったら、この商品のどういうポイントを知りたいか」といった点を考慮して、情報を絞り込みましょう。そうすれば、ユーザーに寄り添ったハイクオリティのPR動画に仕上がります。「企業説明・施設案内」を目的としているなら、動画のメインテーマを明確にすることが大切です。例えば企業説明の動画と一言でいっても、そのレパートリーはさまざまです。ブランディングや販路拡大、新卒採用など、どれを動画のメインテーマにするかによって伝えるべき内容や演出方法は変わってきます。そのため事前にテーマを決めて、そのテーマに合った内容・演出で動画を制作することが大切です。そうすれば、ターゲットへ的確にアプローチできる動画に仕上がります。ロータスデザイン。動画を制作する際は、商品やサービスを利用する典型的な顧客像である「ペルソナ」を設定することも大切です。氏名や年齢、住所、職業、家族構成などを細かく設定することで、どういう内容・演出の動画を制作すれば良いか導き出しやすくなります。併せて、ペルソナの行動を見える化した「カスタマージャーニー」を考慮することも大切です。なぜなら、ペルソナの行動を把握しないまま動画を制作すると、効果的なアプローチを行えない可能性があるためです。例えば、自社を認知していないユーザーに対し、商品やサービスのPR動画を通して購入を促しても、満足できる効果は見込めません。言い換えれば、自社を認知していて、商品やサービスに興味関心を示しているユーザーなら効果を得られる可能性があるということです。こうした点から、カスタマージャーニーに沿った内容にすることは、動画のクオリティを高める上で必要不可欠だと分かります。動画の内容を決める際は、なるべくストーリー性を取り入れるようにしましょう。商品やサービスの良さをただ単に伝えるよりも、どういう工程で作られているのか、どういう人たちが使用しているのかといった裏側まで伝えることで、ユーザーの興味関心を引きやすくなります。例えば、ウォータープルーフタイプのマスカラをPRする動画なら、実際に使用しているシーンを取り入れてみてはいかがでしょうか。まつ毛の伸びを視覚的に伝えることができます。マスカラを使用したシーンの後、映画館へ行き感動的な場面で涙を流すシーンなどに切り替えることで、水に濡れても落ちないことを訴求できます。なお10代~20代の女性を起用すれば、商品を訴求したいペルソナを視聴者に伝えることも可能です。TwitterやFacebookなどのSNSで幅広くシェアされている動画のほとんどは、ストーリー仕立てになっています。ユーザーの心をつかみ、最後まで視聴してもらうためにも、積極的にストーリー性を取り入れましょう。ロータスデザイン