動画制作の費用を安く抑えるには?: 価格と料金の相場を徹底解析 2024

予算内で一番費用対効果の高い動画を作るために必要なこと

人々がかつてないスピードで動画コンテンツを消費するメディア環境において、企業にとって動画広告を活用し、競合他社に差をつけることは不可欠です。しかし、もしあなたが中小企業のデジタルマーケティング担当であろうと、大手企業のCEOであろうと、あるいは動画コンテンツについて詳しく知りたいと思っている一人の消費者であっても、おそらく「最近の動画制作にはどれくらいの費用がかかるのだろう?」と自問自答しているのではないでしょうか。

実は、この質問に対する簡単な答えはありません。私たちは動画マーケティング制作には手間がかかるという誤解を共有しています。そして歴史的には、それは正しい認識でした。15年以上前のAutomotive Newsによると、30秒の自動車CM1本の平均制作費は50万ドル(約7,500万円)以上でした。たった1本の広告に50万ドルもかかるのです。私たちは、動画はビッグゲーム中のCMのように巧妙でなければ効果的でないという考えを植え付けられてきました。しかし、それはもう遠い昔の話です。

この認識が説明できないのは、現在のデジタル時代において、動画マーケティングがいかに多面的なものになっているかということです。動画広告は、テレビのゴールデンタイムやCTVのマーケティングキャンペーンで目にする、大きくて派手なCMだけではありません。TwitterやRedditをスクロールしているときに親指が止まったり、お気に入りのYouTuberを見ているときにクリックしたくなるような、素早くはじけるコンテンツでもあります。これらの広告は、長さだけでなくコストも一口サイズです。

とはいえ、テレビCM品質の広告を制作するのに8桁の予算はもう必要ありません。最近のテクノロジーの進歩と制作プロセスの合理化に重点を置くことで、プレミアムCMのコストは大幅に下がっています。簡単に言えば、これからは、動画広告でこれまで以上に多くのことが、しかもわずかな費用でできるようになるのです。

もう動画広告の制作費に決まった費用はありません。なぜなら動画制作費は、各キャンペーンのコンセプトとゴールによって決まってくるからです。

そこで、動画制作プロセスに関連するコストを大まかに理解し、予算の目安をつけられるように、動画マーケティングキャンペーンに着手する前に知っておくべき主要なコスト要因をいくつか挙げてみました。

動画制作の費用: 考慮すべきこと

実写とアニメーションの動画広告のビジュアルの違いは、とても明確です。しかし、実際の動画制作プロセスとなると、想像以上に多くの共通点があります。これらは、様々なタイプの動画に共通する標準的なコスト要因の一部です。

1.動画マーケティングキャンペーンの目標

各広告キャンペーンの目標は、制作の全体的なコストを決定する最も重要な要素の1つです。ネットショップ店舗への集客を増やしたいですか?それとも人気のある市場に参入し、ブランドの認知度を高めたいですか?

これらのKPIを決定することで、どのようなタイプの動画を制作するか、どのようなプラットフォームでクリエイティブを流すか、目的に対して最大のインパクトを与えるために何バージョンの動画を生成する必要があるかを決めることができます。

2.コンセプト

キャンペーンのゴールと密接に関係することですが、動画をターゲットにどのように見せたいか、どのように感じさせたいかをコンセプトから考えることも重要なコスト要因です。コンセプティングとは、広告の視覚的な外観、トーン、物語的なアプローチを考え始めることです。

コンセプトによって、撮影場所、特別なセットや小道具が必要かどうか、どのようなタレントや制作スタッフを雇う必要があるかなど、すべてが決まります。コンセプト作りで見えてくるこれらの重要な要素が、動画制作の最終的なコストに影響します。

3.シナリオ/絵コンテ

シナリオとは、商品やサービスを売り込む広告の台詞やナレーションを書くことです。説得力のあるシナリオは、CMのメッセージの核となります。

絵コンテとは、映像の各シーンをショットごとにビジュアル化したものです。絵コンテはアニメーション広告には不可欠ですが、実写CMには必ずしも必要ではありませんが、イメージを共有し、撮影を効率良く進めるためにも絵コンテを作成することがほとんどです。

正確な絵コンテ作成は、ディレクターや撮影スタッフに、撮影の必要があるショットをわかりやすいビジュアルで伝えることができるので、時間とコストの節約に役立ちます。シナリオや絵コンテの作成には、独自のスキルを持つアーティストやライターが必要な場合が多く、動画マーケティング制作予算の底辺に影響を与える可能性があります。

4.タレント

画面上と画面外(ナレーション)に必要なタレントは、動画広告のコンセプトとキャンペーンの目標によって決まります。このタレントは、プロの俳優やモデルから、実在の顧客や動物まで、多岐にわたります。

動物のキャスティング費用から俳優の日当まで、タレントにはそれぞれ独自の費用感があります。

5.ロケーション

ロケーションは、広告のビジュアルやストーリーから、動画のタイプまで、さまざまな要因によって決まります。アニメーションやストップモーションの動画広告は、自宅やプロのスタジオで簡単に制作できますが、実写のCMは、多くの場合、ロケ地や屋外の環境で行われます。

選んだロケーションは、セットアップ時間にも影響します。実写動画を制作する場合、3つのシーンが3つの場所で行われると、1つの場所で3つのシーンを撮影するよりも時間がかかります。それぞれのロケ地ごとに、照明、音声、カメラ機材を何度もセットアップする必要があるからです。撮影場所が多ければ多いほど、広告のコストは確実に高くなります。

6.撮影スタッフ/機材

選択した動画の種類は、必要となる制作スタッフの種類を決定します。例えば、実写の制作スタッフは、アニメーションの制作現場では見かけないカメラオペレーターや音響技術者を必要とします。アニメーションの場合、タレントを撮影現場と行き来させるための輸送サービスに予算を割く必要はありませんが、キャラクターに命を吹き込むために、3Dモデラーのような専門のアーティストを雇う必要があります。

同様に、映像制作にはそれぞれ独自の機材が必要になります。ハイビジョンカメラや照明機材など、実写制作に必要な標準的な機材は、アニメーション動画とは異なります。UGCスタイルの動画のようなSNS広告は、プロ用のカメラを使わなくてもスマートフォンから撮影することも可能です。クリエイターは通常、個人用の機材キットを持っていますが、より鮮明な高画質の映像では、レンタルでのみ使用可能な特別なツールが必要になる場合があります。

7.ポストプロダクション

動画を撮影した後、すべての映像は、ポストプロダクション編集によって最終的なビジュアルの動画に仕上がります。ポストプロダクションの主なコスト要因は編集になります。

撮影した映像や制作するアニメーションのボリュームにもよりますが、動画広告のラフから納品までは、2日から2ヶ月かかることもあります。ラフとは、グラフィックやサウンドが確定する前に、動画がどのように見えるかの初歩的なアイデアを与えるシーンの集合体です。絵コンテを動かしたビデオコンテ(Vコンテ)などを意味します。

映像やアニメーションの数が多ければ多いほど、編集作業に時間がかかり、工数(制作費)だけでなく動画広告の納期も長くなります。

動画の種類によって制作費が異なる

最も一般的な動画制作のタイプは、実写、2Dアニメーション、3Dアニメーションの3つです。これらはすべて上記のコスト要因を共有していますが、各タイプには独自の制作要件があり、動画制作の価格設定に大きな影響を与える可能性があります。

実写映像

実在の人物や環境を使ってメッセージを伝える動画は、制作規模によってさまざまです。例えば、テレビCM品質の動画は、より多くのクルーを必要とし、予算が大幅に増加する可能性があります。一方、シンプルなユーザー生成コンテンツ(UGC)は、比較的低コストで、時には1人の俳優でリモート撮影することも可能です。

コンセプトの設定によって、動画撮影のレベルが決まり、これが制作費に影響してきます。

ベーシックUGC:タレントが日常的な場所でスマートフォンから動画をセルフ撮影。

参考価格:3万円~10万円

プレミアムUGC:基本的なUGCのような印象を与えますが、特別な編集を必要とせず、ホームスタジオやロケ先から、一人のカメラマンがタレントを撮影。

参考価格:10万円~20万円

ベーシックCM:少人数のキャストとスタッフで、標準的な機材とシンプルな編集で、通常はロケ地かホームスタジオで撮影します。

参考価格:30万円~100万円

スタンダードCM:ベーシックCMに求めるものすべてを、より高度な機材、そしてより高度な編集で制作。

参考価格:100万円~200万円

プレミアムCM:有名タレント、多くのスタッフ、豪華なスタジオ/ロケ地と機材が揃った、ブランドCMに期待される、あらゆる装飾が施されています。

参考価格:300万円~500万円

また、実写動画制作で予想される特別なコスト要因には、次のようなものも含まれます:

セット:実写CMは現実の生活をフィクションで表現するものなので、セットができるだけリアルに見えるようにする必要があります。コマーシャルの舞台がアパートの一室である場合、その場所には生活感があり、本物らしく見える必要があります。そのためには、家具を集めてリビングルームを作ったり、家族写真のような個人的な演出を制作したりする必要があります。予算に余裕がある場合は、クリエイティブな目と細部へのこだわりで、店舗のショールームのようなセットではなく、本物そっくりに仕上げてくれるアートディレクターを雇うのが得策です。これらの要素はすべて、予算と制作スケジュールに影響します。

衣装/ヘアメイク

コンセプトやストーリー展開によって、衣装やヘアメイクの条件も変わってきます。コンセプトが高ければ、デザイナーが特別なコスチュームを作ったり、レンタルしたりする必要があるかもしれません。シンプルなヘアメイクであれば比較的安価で済みますが、ゾンビを登場させるのであれば、特別なメイキャップアーティストの予算が必要になります。

2Dアニメーション

アニメーションは非常にクリエイティブなツールで、広告をシンプルにも想像力豊かにもできるため、動画制作の中でも最も柔軟なスタイルの1つです。アプリやサービスなど、無形の製品や技術を紹介するのに最適な方法と言えます。

スライドショー:静止画をスライド形式で順次表示していく映像演出。紙芝居形式の動画でナレーションやBGMを入れ、最低限のコストで制作が可能です。

参考価格:5万円~20万円

モーショングラフィックス:デザイン、テキスト、イメージ、キャラクター、インフォメーションなどの要素を組み合わせた映像演出

参考価格:20万円~100万円

また、こちらにも以下のような特別なコスト要因が存在します。

デザイン

デザインは、広告にブランディングとパーソナライゼーションをもたらす素晴らしい演出方法です。しかし、より複雑なキャラクターデザインなどは制作スケジュールに影響を与える可能性があります。デザインを調整することは、アニメーション広告を制作する上で、簡単な予算の解決策になります。

再編集

縦型や横型のプラットフォームの最適化のためにアニメーション動画広告を編集することは、実写CMと同じようにはできません。アニメーションは1つのシーンから次のシーンへとシームレスに流れる傾向があることを考えると、アニメーションが始まってからアスペクト比を変更したり、30秒から15秒に短縮するためにアニメーションを再編成しようとすると、実写のシンプルな編集とは異なり、手間と工数がかかり、費用がかかってきます。プリプロダクションの段階で、コンセプトやキャンペーンの目標を正確に表現しておくことで、ポストプロダクションの段階でコストのかかる問題にぶつからない対策が必要です。

3Dアニメーション

3DCGとアニメーションは最適な組み合わせです。 最近の調査によると、3Dアニメーションを使った販促を行った企業は、売上が40%増加したというデータが出ています。3DCGの要素を動画に取り入れることで、視覚的な魅力が飛躍的に向上します。アニメーションや3DCGは複雑な概念やプロセスをシンプルに視覚化できます。製品やサービスの仕組みやメリットを効果的に説明し、ターゲットに理解しやすく記憶に残る方法で伝えることができます。

3Dアニメーション:CADデータなどを使い、製品や技術を没入感のある3Dアニメーションで説明します。

参考価格:65万円~200万円

3Dキャラクターアニメーション:テレビアニメや映画のようにキャラクターや背景がリアルに動くハイクオリティな演出です。ストーリー性が高くブランドコンセプトや世界観の伝達に最適です。動きを付ける作業が一段と増えることで予算が上がることが懸念されますが、モーションキャプチャ機能を使うなどして工数を短縮することも可能です。

参考価格:100万円~300万円

3DCGにおいても、以下のような特別なコスト要因が存在します。

モデリング

3Dアニメーション制作において、モデリングは主要な段階であり、多くの工数を要します。予算内で「モデリング費用」が確保されている場合、そのほとんどは工数に充てられます。モデリングが複雑であったり、制作対象が増えるほど、費用も増加します。また、一般的によく使われる車などのモデルは既に完成した素材データを購入し、使うことで、モデリングにかかる費用、工数を大幅に抑えることも可能です。

レンダリング

レンダリングとは、3DCGを静止画や動画に出力する作業です。レンダリングには高スペックのPCや複数のPCを使ったレンダーファームを使用します。最終的なビジュアルのクオリティーが高く、映像の尺も長ければ、それに比例して費用も上がってきます。予算に合わせたクオリティーや尺の設定が必要になってきます。

このように、考慮すべき価格要因は多岐にわたり、動画のスタイルやフォーマットの選択に影響します。とはいえ、動画制作を計画する際に予算を意識して、より手頃な価格で制作できる方法も多く存在します。

予算内で最も効率的で効果的な動画キャンペーンを施策するには、ロータスデザインの様な多くなリソースを持ち合わせたプロの制作パートナーが必要です。

動画の制作がかつてないほど手頃になり、世の中では動画のニーズがますます高まっています。競合も次々と動画キャンペーンも加速させる中、新しく関連性の高い動画広告のストリームを手頃な価格で作成できれば、貴社ブランドを際立たせることができます。適切な計画を立てることで、キャンペーンの最も高い目標を達成でき、高品質でパフォーマンスの高い、そして最も重要なコスト効率の高い動画制作を始めることができます。ロータスデザインなら、このような動画キャンペーンに必要なすべてを一括でおまかせいただけます。

お気軽にご相談ください。